レズ風俗大阪レズ鑑賞クラブティアラ

レズ鑑賞クラブティアラは永田カビ先生著『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』に登場する大阪から日本全国出張可能のレズビアン風俗

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
© 永田カビ「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」

当店は、永田カビ先生著の話題のコミック『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ(イーストプレス)』及び『一人交換日記(小学館)』のモデルとなった大阪から日本全国出張可能のレズビアン風俗店です。

レズ風俗レズ鑑賞クラブティアラとは

満18歳以上のお客様は、どなた様でもご利用頂けます。

レズ鑑賞クラブティアラは、女性専用風俗(レズ風俗)『レズっ娘クラブ』の唯一の姉妹店。
大阪ミナミから東京、横浜、名古屋、北海道から沖縄まで日本全国出張可能な待ち合わせ型レズビアン風俗店です。 18歳未満のご利用をお断りしております。
当店は、本店であるレズっ娘クラブではご案内出来なかった男性のお客様がご利用できる当店メインのコース『レズ鑑賞コース』や『レズバトル鑑賞コース』、その他、男女カップルのお客様がご利用できる『カップルコース』などを新たに追加し、レズ鑑賞クラブティアラとして2010年4月にオープンしました。

レズ鑑賞クラブティアラについて

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』に登場!

当店は、『このマンガがすごい!2017』第三位!発行部数18万部を記録した永田カビ先生著の話題のコミックエッセイさびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ(イーストプレス)及び、その続編の一人交換日記(小学館)のモデルとなったレズビアン風俗店です。もちろんお互い公認です!
コミックの詳細、公認となったきっかけ、著名人からの反響やニュース記事などは、NAVERまとめで、当店スタッフ自らまとめております。
NAVERまとめ

レズ風俗(レズビアン風俗)とは

レズビアン(レズ)とは

レズ』とはレズビアンの略称で同意語で、女性同性愛者や女性同性愛などの意味です。
最近まで、レズという略語が『蔑称』として使われる場合もありましたが、最近ではレズビアン当事者や非当事者の方もなんらネガティブの意味合いもなく『レズ』という単語が使われているようです。
なお、当店は18歳以上の方ならレズ用語がわからない方でもご利用可能です。

レズ用語

レズ風俗の「レズ」

レズ(レズビアン)という言葉のもうひとつの意味として、性風俗、アダルト業界では、戦後から『女性同士の絡みや性行為』の表現として、既に確立されているジャンルのひとつとして広く一般にも『レズ(レズビアン)』という単語が使われております。
レズ風俗の「レズ」というワードについてですが、当店は、レズビアン(当事者)だけのお店ではないので、このアダルト業界で使う行為としての意味で捉えたほうが、たくさんのお客様が当店、及び、姉妹店を利用してもらいやすいと考え使用しております。
この意味さえ伝われば、レズビアン風俗でもよいし、ビアン風俗でも良いというスタンスです。

シェアして下さい